転職上手になろう?

医師の転職サイトで上手にお医者さんを集めている病院の事務長さんにお会いしました。その方 は自分の病院に求められている医師のスペックや果たしてほしい役割を明確に決めておられ、その中で欲しい人材を高い確率で人材紹介会社から紹介してもらっ て採用につなげているそうで、やはり上手な病院もあるようです。

逆にいうとセルフプロデュースの時代になり、勤務医といえど自分の性格や素質、やりたいことが明確になっていれば、面接にて十分に相手に伝えられれば成功ともいえます。

今まで勤務してきた病院での活躍、自分でそれなりにアピールできる場を求めないと、単に給与や待遇にひかれてきたということで、病院側が期待するスキルや役割を果たせるとは思われなければ、見送られてしまいます。

地方ではなく、都心部でも「医師」は不足しています。ただし、最初に「優秀な」というのがついてしまうように思うのです。すると普通のお医者さん(自分を含む)にとっては非常に大変です。

病院側の期待は年収が高ければ高いほど…それなりに費用対効果を求められますし、職業としての役割も厳しくなります。そういう意味では病院を転職することは、自分の売りを把握して、それを新しい病院の経営陣に売り込むというチャンスともいえます。

時々、いまやすっかり「売り手市場」 なんだと勘違いしている勤務医の先生もたまにみえるようで、中には年収2000万円以上もらっていながらさらに賃金引き上げを求めて転職を狙う先生もみえ ますが、実際は経営サイドからみれば、需給が悪いからすぐに引き上げることにはならず、むしろ無用の対立や将来の火種を産むだけで、賃上げをもくろんだ転 職はなかなかうまくいかないと思っています。

高額報酬を求めれば、当然、その病院に対する貢献も高くなければならないと考えます。キャリアに応じた地位が用意されるのを考えるのはよして、その病院に対して何が提供できるのか?何を求められているのかを考えて、転職先との交渉を進めるのがベストかなと考えています。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>