転職を成功に導くために

従来、赴任先を変更するには、従来の医局にお願いして勤務病院の変更は比較的有効な手段でした。

しかし、誰もが希望するような好条件の病院に空きがあればいいのですが、逆に不人気病院をお願いされたり、ある程度になると「そこは○×先生が将来行くからそれまでなら」といった年限を勝手に区切られたりしてしまいます。

恒久的な就職先を希望しても、抱き合わせでそりのあわない上司や部下と一緒に送り込まれたり、就職前には院長や事務職との交渉もなく、赴任して、お給料をもらうまでは年収も就労条件すら不明だったりします。

医局がそれでも良かったのはある程度平等を保っていたり、教育病院を上手に活用して人材育成をしてくれていたからですが、ある一定以上になると医局の人事 よりは病院の中での力関係などが昇進などに影響します。もちろん年功序列があるので抜かれたりはしませんが、病院でも結局、「使いやすい人材」を使いたいのです。

労働組合がない医療現場では病院経営側に文句を言えば、待遇が良くなる時代はありませんでしたが、ベースアップや退職金といった条件交渉なく転職する時代は終わりました。勤務医としての働き甲斐やライフスタイルを重視するのならそういうのも事前交渉を必要とします。

また、病院の転職活動を自分のコネや伝手だと選択肢が非常に限られてしまいます。転職市場が大きく変化しだしており、人材の流動化は全国規模です。

逆に臨床医として必ず通る修行を終えたあと、自分の腕に自信がある医師はほうっておいても引き抜かれ好条件であるいは働きやすい職場を得ますが、きちんとした評価をされない医師は条件交渉の場も与えられず放置されます。

今後、勤務医の待遇は二分化します。待遇や条件を選べた医師とそうでない医師。そして条件で選ぶためにも、自分の知っている周辺の病院で探りを入れても、 ほぼ同じ条件だったり、さして変化がなければ、転職しても行く理由がありません。自分で転職活動にエネルギーと時間を投下しても、そのメリットを享受する ためには相当時間を割きます。効率性を考えれば、転職市場に精通したエージェントを利用することや、登録をして積極的にカウンセリングをして自分の市場価 値をもう一度見直すべきです。

逆に、転職を毎年繰り返してしまって、履歴書が長いだけで業績を上げたとは思われない転職ぐせがついている医師は、転職市場ではそろそろ「使えない問題医師」というレッテルを貼られる時代です。その辺を考えると、大きな決断を伴いますが、新しい活躍の場を見つけるためには選択が必要です。

転職というリスクは一人ではアクションを起こすとしても大変です。二人三脚でやれる業者さんをぜひ選んでください。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>