転職業者との付き合い

数年前に転職した今でも、自分は最初にお世話になった転職業者さんとはお付き合いが続いています。

転職業者さんの中には「今すぐ行っていただける先生・・・」といった当直や非常勤のアルバイト医師を探すための会社もあります。スポットのアルバイト募集 というのは便利ですが一方で、将来その病院と長く・・・と考えると、やはり様々な病院について詳しいカウンセラーさんがいる業者さんがいいと思います。

自分も転職するまでに、何回もインタビューを受けたり、サポートをしていただいた覚えがありますが、自分で決めた転職とは言え、サポートがしっかりしていたため、面倒な手続きも含め無事に転職にこぎつけたことを覚えています。

医師の転職が、看護師と違うのは転職に失敗してすぐ次!というには難しいこと。さらに条件を厳しくすればするほど次の職場が見つかりにくいことです。

転職にはタイミングもありますが、優先順位をあらかじめ伝え、対応してもらえそうな項目から順番に落とし込むと交渉時間を節約できることもあります。

病院にとって新しく医師を採用するというのは投資です。病院側が求めているスキルや医師としての活動を含め、きちんと評価されます。アルバイト派遣でいくらでも儲かるからいい・・・という考えもあるようですが、常勤職員になることを自分は勧めます。

非常勤の医師には「安寧」の日々はあるかもしれませんが、技術や知識が徐々に低下すれば、将来「使い物」にはなりません。自己研鑽ができる病院とか将来性のある病院を紹介してくれるキャリアカウンセラーさんに会えるように、少し工夫が必要です。

自分も、何社もの転職業者さんと付き合いはありますが、メインは1社。他はそれほど定期的に連絡を取ったりはしていません。そうそう毎年会う必要はないかもしれませんが、メールで「適度」に連絡を取っていると、いい話を持って来てくれることもあります。

急に転職したい!と思うよりは、事前に自分の希望の病院のタイプや立地や条件をある程度伝えておくことで、いい案件があれば、すぐに教えてくれます。

また、地域ごとに動きや事務長さんたちと定期的に連絡するなど病院とのネットワークを持っているので、病院の情報なども持っている業者さんがいいかもしれません。

そのためにも事前に会っておくことが必要です。急に会ってもすぐに紹介なんてことはありません。転職には中長期的な取り組みが必要だと思います。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>