転職活動と情報収集

最近の病院は設備更新でどこも大変です。団塊の世代が徐々に癌年齢に近づき、さらに鉄筋の建物とはいえ、30年以上たつ病院も耐震性などで設備更新が必要な時期ですし、新規採用などで、資金需要はいつも忙しいようです。

病院は基盤とする事業は外来患者さんから入院となった手術などの高額な診療行為が中心となります。

経営指標はもちろん大切ですが、患者さんの希望するよい医療を提供するためには、医師や看護師の数をそろえ、絶えず患者さんや地元の住民に対して情報開示をすることも必要です。

今後は転職に際して常にアンテナを張っているかが大切です。転職前に情報を集めるといってもネットが中心かもしれませんが、いろんな方に合われると思います。カウンセラーさん、あちらの病院の事務関係者さん。

それだけでなく、コメディカルの薬剤師や看護師さん。製薬会社のMRさん、医療器械屋さん。病院の経営の状態を見ることは難しいかもしれませんが、案外情報を持っていたりします。

公立病院と違って、民間病院には、たいがい金銭感覚がしっかりした経営を意識しています。

公立病院も財政基盤が強固な中核都市がいいかと思いますが、そういう病院は医局の人事を受けていたりします。

また民間病院は土曜日の外来があったりしますので、公立病院とは休日や研究日の設定に違いがあります。

休暇、給料、当直階数・・・その中で、自分が重視する条件があれば、やはり状況はしっかり調べてもらうために、外部のアドバイスも必要です。

ぜひ、しっかりと転職カウンセラーさんとお話してみてください。本当のその病院の姿が見えてきます。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>