職員が選ぶような職場に出会うために

医師不足が問題という病院がテレビでよく報道されていますが、東北地方のようについに「ニセ医師」が現れて就職寸前まで・・・公文書を偽造し、経歴を偽る医師が集まるような病院になってはダメです。そうではなく、病院が魅力的にならなければ、他人は来ません。

地方の病院でも看護師不足がだんだんクローズアップされています。おそらく医師の方を雇う戦略としては、専門家としての医師が求めるもの「給与」「教育」「ゆとり」のどれかだと思います。もちろん、それぞれ限界があるとは思いますが、ここ数年、医師を獲得できている勝ち組病院は医師のやりたがらない雑用を積極的にクラークさんに任せるなど、負担を軽減させて医師が集まるようにしています。

一方、看護師さんの方はというと、給与もある程度は効きますが、結婚や出産がきっかけで退職したりするため、看護師不足の特効薬はいまのところないようです。

医師も看護師さんも、新たに人を採用するためには、広告費をかけたり人材派遣会社さんにお願いするしかないのですが、問題は研修期間。新人の看護師さんと同様、研修医はそれこそ教育を行い、一人前にするまでにやはり周囲のサポートが必要です。

大学病院などに負けないくらい、研修医に人気の民間病院で研修医が集まるような病院は工夫をしているようですが、普通の病院は「営業努力」が足りない上に、「人材流出」に対してきちんと対策を行っているかという意味で、やはり退職者を減らす努力をしている病院は働きやすい病院だと思います。

女性医師や看護師の定着がいい病院はやはり「職員全体」にとって働きやすいだけでなく、患者さんにも優しいように思います。

就職前に、病院見学や院長や事務長との話し合いがつきものですが、実際に一緒に働くのは院長や事務長さんではありません。

むしろパラメディカルや看護師さんが明るく働いているような職場はいいようです。逆に、医師だけでなく、看護師の確保がおいつかない病院は「病院マネジメント」としてはもう一つなのかもしれません。

医師が転職する場合も、働きやすい病院を選ぶためには、働く職場のスタッフや職場の様子は欠かせません。以前に「お試し当直」とか「代務」での勤務を勧めましたが、外向けの顔ではなく、一緒に働く同僚になるかもしれないコメディカルに当直だと気軽に効くことが可能です。

そういう意味では「事前」の努力を惜しんではなりません。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>