人材流動化の中で求められる「医師像」とは

先日、ある人材派遣会社の方のお話を聞いてきました。地域の医療機関が医師不足のため、各地の自治体の首長らも必死になって医師の確保につとめるために、トップ自身が乗り込んでくという形があるそうですが、どうしても医師側に熱心に「来て下さい」だけで、どういう医療を提供して欲しいのか?単にいて欲しいだけではアピール不足で、地域間競争がまだまだ激化する中、単に数合わせ的に医師を高給で集めて、地域医療を維持する困難が増している。

むしろ、地域ごとにどのような形で医療を行うか、ビジョンを明確にし、医師が必要とする教育を受けるための学会出張や代休を取得しやすいような受け入れ態勢を整えなければ、来た医師が定着するのは困難であるという話でした。

元々医師は、医局人事で動き、看護師とは異なりますが、お金で動くというより、自分が能力を発揮できるような活躍の場面を強く求めます。ただ、実際問題として、医師の「わがまま」を受け入れよではなく、地元の住民が必要とする医療サービスをきちんと見極める必要があります。

医師側はというと、病院の状況を見極めてから就職しないと大変なことになります。求められているのが最先端医療ならば、医療機器の購入を求めたりも可能で すが、自分がしたいから購入・・・ではなく、その地域ではその地域ごとに必要性があって購入の決定がなされるべきです。

病院が求めているのは期待に応えてくれる医師であって「わがままな医師」ではないので、その辺は認識した上で、てこ入れが必要な部分については、その病院のやり方をすべてを否定するのではなく、スタッフ全員にわかりやすく伝えて時間をかけて改革していく必要があるでしょう。

また医師の意見は、非常に絶対的な言い方に成りやすいのですが、大切なのは医学的な「正しさ」よりは現場の気持ちを汲み取る「」でしょう。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>