あなたは病院に貢献できますか?

数々の病院にコンサルタントしてみえる方にお会いすると、やはり医師は「患者さん第一」といった使命感や自分の「職人」としてのこだわりがある方が多いようです。

しかし、みんな「こだわり職人」さんばかりだと、現場のスタッフ、特に看護師さんや薬剤師、技師さんなどが他の先生のやり方やと患者さんの板挟みになったりして苦労していたりします。

問題は、それをどうやって解決するかという視点でいうと、気づいたことについて他の職種の人と話し合うことだと思います。医師と同様に、病院のスタッフも「仕事を楽しく」やりたいものです。しかし、そこに現れた新しい医師や看護師などがきっかけにトラブルが生まれたりします。

逆にこういう時はチャンスなのです、病院の仕組みはそれぞれ異なります、新人の方ならともかく、他の病院のシステムの方が優れていたり、まったく異なるやり方で安全に効率よく行えることもあります。

それについて病院のやり方は間違っている!という姿勢で取り組むよりは、従来のやり方で疑問に思っている看護師や病院のスタッフもいるはずです。そういう仲間との話し合いを通して病院をより一層すぐれた組織に変えていくチャンスなのかもしれません。

従来のやり方の問題点の洗い出し、改善を常に取り組むことで、病院はさらに患者さんにとって優れた医療を提供する、それが患者さんの評判を呼べば、病院の経営を強くするとともに、病院というものが変わるきっかけが与えられます。

案外、転職=安住の地で、自分だけがよくなれば・・・的な形でとにかく職場を変わることしか眼中にない先生や看護師さんばかりだと思いますが、そこは新しい職場から期待されている「役割」以上のもの、組織全体への貢献をすることは、あなたにとって病院にとっても強いつながりを生み、将来的なビジョンを病院と共有できるきっかけになる可能性があります。

転職することで、病院の再生請負人なんて気取る必要はありませんが、単なる欠員補充ではなく、転職した医師は、新しい病院への「貢献」を求められる時代に入っていると思います。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>