転職を上手に行うために・・・

医師も看護師も含めて、医療職というのはチームで働くとすごいパワーを結集することができて、重症の患者さんを救うことが可能になります。

残念なことにチームワークや病院で働いている連帯感がないまま、転職したり長年勤めてきたせいか新しい職場の人間関係を上手に構築できずに転職、その後すぐさま転職といった病院にとっても医師にとってもよい思い出にならない不幸な転職を目にしたり、耳にします。

日本中の病院が医師や看護師不足で今までになく、転職のチャンスは広がっています。転職のきっかけは給与や休暇を含む「待遇」だったり「人間関係」だったり「家庭や本人の事情」いろいろです。しかし、転職後も人間関係で上手にやらないと、転職してからコミュニケーションエラーによる医療事故に遭遇したり、不慣れな危機管理で患者さんと訴訟になってしまわないためにも、スタッフ間の人間関係は非常に大切です。

若手の医師は上司になる医師や看護師さんに新しい職場のシステムを教えてもらわないとなりませんから、必死になって溶け込むのにがんばるせいか、それほど摩擦を生むことはありません。

もちろん大多数の先生はこういうことは大切だと感じていると思いますが、中間管理職以上の先生の中には院長先生や看護部長といくら渡りあえても、部下や同 僚と付き合うのに失敗したり、自分流を無理やり通そうとするあまり、人間関係構築失敗=再度の転職活動となって時間がまた無駄になってしまいます。

新しい仕事場に入ったばかりの医師は、仕事をきちんとこなす事が求められますが、「何でも教えてもらえて当然・・・」といった態度ではなく、背伸びをしな いで、「これ教えてくれる?」と尋ねたり「ありがとう」「おはよう」といった声かけが親しくなるきっかけかもしれません。

スタッフ同士のコミュニケーションがあるところほど、医師は仕事を行いやすくなります。信頼できるスタッフの育成もまた、自分たちのスキルを活かすひとつのアプローチです。

コミュニケーションを増やすだけでスムーズな転職とはならないかもしれませんが、新しい職場で前の病院と違うことを言いたてて、「あの先生は文句ばかり」とレッテルを貼られないように、その辺双方向のコミュニケーションを大切にすることが、新しい職場に「溶け込む秘けつ」かもしれません。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>