医師の転職成功の必要条件


※こちらの記事は現役医師から頂いた記事になります。

===========================================

医療従事者にとって転職が一般的になって
すでに10年以上になりますが、
医師の転職業界というのは、
ここ10年弱ほどでかなり進みました。
医師にとってみると経験は少ないのですが、
やはり医療業界で必須のサービスとなったと思います。

問題は病院側です。
相変わらず病院サイドは、
お金を積めばとにかく医師が来るだろうと
給与を引き上げますが、
一方、働き手として良い医師は
医局人事を外れてまで動くことは少ないのです。

案外、対人関係などでトラブルメーカーの医師が
結構転職市場に登録してしまいがちなのも事実です。

そして転職業者さんにとってみれば、
顧客は医師ではなく病院です。
間違いなく医師側は選ばれる側なのです。

お金を積んでも良い医師が来ないとなると、
どうするか?
結局、医局や口コミで採用に動くことになるのです。
病院も徐々にネットワークが広がっており、
非常勤医師や代務の医師、
出入りの業者さんの紹介などを通して
医師の採用を決めたりします。

その時に決め手は「人物評価」です。
間違っても、トラブルメーカーの医師を
他の医療機関に紹介はしないと思います。

やはり転職市場は混戦状況ですが、
基本は「人物重視」です。

ワンマン過ぎてもダメですし、
ワガママな要求をコメディカルや上司に行い、
病院を飛び出すようなタイプの医師は
医局ともこじれがち。

むしろ「先生に辞められると困るんで・・・」
と引き止めを受けながらも、
「困ったらまた戻っておいで」と言われるような形で、
働いていた職場や医局から転職を
応援されるような転職を決めないと、
次の仕事場でトラブルがあっても
相談してくれる人脈や味方を失ってしまいます。

やはり同業者のネットワークである医局や
職場関係の人間とは良好な形で
円満退局&退職が理想的です。

また、医局人事でもないのに他府県の病院を
次々と渡り歩くタイプの先生も
採用側は警戒しています。

履歴書が汚れると言いますが、
転職する時に「短期間 で転々と・・・」
のタイプはそれなりに理由があると思われますが、
面接の時は好印象でも、
勤務開始後3ヶ月で飛び出すことなどがないように。

長年採用に関与している院長先生は騙せませんし、
理由があるのならしっかり伝えておく必要があります。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>