転職ブームに一石を投じる


※こちらの記事は現役医師から頂いた記事になります。

===========================================

最近、転職に失敗した医師と遭遇することがあります。
もちろん色んなやり方があるので
原因をあれこれ述べても仕方ないのですが、
誰か一方が悪いというより「トラブル」を生む原因は
医師側にも採用した医療機関側にも
共にあるのではないかと思います。

転職をする際に、医局長と相談の上決裂してしまった結果、
コンサルタントとだけ相談して転職というのは
実は危険性が高いのです。

自分もそうですが、医局や周りのスタッフと
元々上手につきあえる人ならば、
転職時に医局ともスムースに行けることが多いです。

また、転職希望を伝えるタイミングは
急なものであるほど危険になります。
できれば半年~3ヶ月は欲しいところです。

そして転職希望を伝えるより先に医局と決裂してしまい
「もう辞めてしまったから」「変わりたい!」と
焦ってのめり込むようにして転職するのは、
さらに危険性が高いです。

また病院側も転職してくる医師やスタッフを
受け入れる素地がある医療機関なら
研修もスムースでしょうが、
小規模だったりワンマン経営者による経営をしている
医療機関だと、「俺が決めたんだから」と
事務的な合意もそこそこにとにかく仕事をさせたがる
ことがあります。

ただ、きちんと健康保険や労働条件の突き合わせなど
細かい事項のすり合わせもすませて、
書類上での手続きをしてからでないと、
後で「言った、言わない」で気持ちのよくない
話し合いが下手をすると転職後すぐに始まることに
なってしまいます。

また、早く転職を決めるために転職サイトに
複数登録して片っ端から会うのもいいですが、
病院の数は全国で9000もないのです。
希望している科や年収などの条件にあう医療機関の数は
おのずと限られます。

沢山登録すれば早く決まるというのではなく、
きちんと話を聞いてくれ相談にのってくれる
紹介会社とじっくりと話し合うことも大切です。

「転職会社に騙された・・・」
みたいなお話も聞きますが、
「転職」に不慣れだという理由から
全てをお任せしてしまった場合もあるようです。
そういう不幸な結果にならないためにも
必ず時間はかけましょう。

どの医局でも民間の医療機関でも
人材の争奪戦が激化しているのは事実ですが、
転職先が決定しているか否かは、
辞める職場や医局との話し合いにも影響します。

じっくり転職先を決めてから、
テーブルについて辞職を伝えるようにしましょう。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>