開業は最良の選択か?


※こちらの記事は現役医師から頂いた記事になります。

===========================================

昨今、開業医向けセミナーに人が集まりにくいと聞いています。
再診料の引き下げだけでなく、
今後小規模な医療機関を経営するには
それなりにトレーニングや持続的な学習が必要です。

先日、開業されてからも経営がうまくいかない診療所を
経営する医師向けのセミナーに参加しました(初めてです)。
とても新鮮でした。

というのは、こんなことも知らないで?
的な医師が案外、医療経営コンサルタントという方たちに
コロ!っとだまされていたり、
あるいは自分の「こだわり」に固執するために、
まったく市場のニーズとかけ離れて
過大な投資をしたクリニックや
立地考えずに開業してしまった医師、
あるいは開業して15kgも痩せたという医師も見えます。

そういう開業ブームに警告はすでにいくつも出ていますが、
「決めたから・・・」ともうばら色に見える?
開業を決心される医師が自分の同年代にもとても多いです。
飛び出す前に左右確認はしているとは思いますが、
外的な要因がどんどん変化しています。

自分が周囲の医師より医療経営について勉強熱心でない限り、
あるいは患者さんにだけでなく、
経営に今よりも時間をささげる覚悟がない限り、
自分は「開業」にはNoです。

開業医は日銭商売で入ってくるのですが、それは3割。
残りの7割は保険からの支払いが2ヶ月先。
大都市部では開業医同士の競合が強く、
従来よりも損益分岐点を乗り越えるまでに
時間がかかるようになっています。

準備資金のことも考えると昔のように
半年くらいではなく1年分の用意が必須です。

この上に借り入れ金の返済、リース料金の設定、
スタッフの採用&教育、調剤薬局や介護業者との連携、
地域の医師会への加入・・・

こういう煩雑な手続きを最近は手伝ってくれる
コンサルタントや業者がいますが、
この業者もよしあしで世の中には開業医を食い物にする
悪徳業者がいたりして次から次へと弱みにつけこむ
評判の悪い業者さんもみえるとか。

落下傘開業といわれる、自分の働いている医療機関から
距離が離れた地区に開業する場合、
その下調べのことを考えたら、
地元の医療機関に一度転職するのもいいかもしれませ ん。

実際に、それで成功させた先生の方が多いです。
紹介先があるというのは心強いです。
逆に、落下傘開業でそれまで診ていた外来患者さんも来ないで、
単に看板を掲げた場合、非常に成績が悪いです。
駅前の立地や医療モールでさえ、
開業医にとって地元の病院との連携が必須です。

開業準備を怠る先生は少ないとおもいますが、
開業してから先生が「こんなはずじゃなかった」
なんてことはよくあるそうです。

忙しい病院で開業セミナーに出席したり、
銀行や業者との打ち合わせを考えたら、
その前にちょっと立ち寄るつもりで「病院」 を変えて、
じっくり転職に取り組む方がいいかもしれません。

またそういう医師を積極的に雇う病院も最近はあるようです。
しかし、そんな病院を探すのは
多忙な医師には困難です。

そういう時こそさまざまな病院とつきあいのある
転職会社さんとも相談するのもひとつの解決法ですね。

カテゴリ-

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>